サングロウは1997年曹仁贤氏によって設立され、中国太陽光発電産業発展に尽力してきました。曹仁贤は親しい仲間と共に小さな実験室でPV向けの部品と設備の研究開発を始めました。
中国PV産業の急速な発展、拡大の歩調を合わせ、会社の規模を大きく成長させています。現在、従業員は1500人以上で、そのうち、35%以上の従業員が研究開発に従事しており、、太陽光関連を初めエネルギーストレージソリューションまで、多様な製品、システムの研究開発を行っています。
数百人の一流の技術者で構成されるSungrowの研究開発チームは、浙江大学、合肥工科大学、中国電力技術研究所等の国家級アカデミーと共同研究しています。
Sungrowは北アメリカ、EMEA、アジア太平洋地域で10社以上の拠点があります。全世界のPV市場に向けて、それぞれの地域、国々の電力事情に対応できる製品を開発しており、多くの規格、規程に対応しています。その優れた性能で各国家と地区にG 59, G83, BDEW, TUV, CSA,等の認証を取得しています。
世界基準の品質管理プロセスと設備に、Sungrowは全世界のお客様に最高レベルのPVソリューションへを提供いたします。Sungrowは継続的なイノベーションと先進的な特許技術を背景に、技術的なトレンドを牽引していきます。現在、400項以上の特許と80項以上の実用新案がすでに取得されており、出願中の特許が200項以上あります。Sungrowは太陽光発電産業のリーダーとして、全世界のお客様へ世界基準のな太陽光発用インバーターとエネルギーストレージソリューションの提供を継続していきます。