サングロー社は、ソーラーパワーインターナシ
2015年10月09日
ハーフェイ/ フリーモント, 2015年9月25日 – 世界的PVインバータメーカー大手の一社であるサングロー社は、米国アナハイムで開催されたソーラー―パワーインターナショナル2015での展示をうまく成し遂げ、終了しま した。北米(NA)のソーラー市場に対する固い決意および必要に応じたインバータに伴い、サングロー社は、4年連続でこのイベントに参加しています。 今年のサングロー社のストリングおよびセントラルインバータソリューションは、商業的な屋上かつ実用規模のプロジェクト向けに設計されたソリューションとして注目を浴びました。
サングロー社のインバータモデルであるSG30/36KUは、安定した電力生産量をもたらすために、商業的な屋上PVプラントのための強みとして注目されました。NA市場における多くのクラスリファレンスに示されるとおり、 これらのモデルは、十分に機能し、メンテナンスを簡単にできます。そのモデルの発展版であるSG60KUおよびSG60KU-Mは、二重の出力パワーを有するストリングインバータレンジおよび大型屋上適用および地上設置型分散発電システム向けに理想の選択である。SG60KU-M用に4最大電力点追従制御(MPPT)、を強調しました。大型のデザート適用で最もよく使用されるSG1000MXもブースに展示されました。
北米でのPV市場の高まりに伴い、サングロー社は、この開発に遅れをとることなく、現地のグリッド要件だけでなく高い技術を有する限界値に適合するための特注製品を使用します。サングロー社は、2014年にカリフォル ニア州フリーモントにも新事務所を開設し、販売とサービスの両面のために現地での強みを高めました。2015年第2四半期末までに300MWの販売予定を達成し、また世界での販売累積は14GW以上を達成していることから、 販売統計は、サングロー社の市場拡大の確実な証拠として見なされます。