サングロー社はバーミンガムでのソーラーエネ
2015年10月14日
ハーフェイ/ロンドン, 2015年10月18日 – 世界的PVインバータメーカー大手の一社であるサングロー社は、本年度のSEUK2015イベントに参加し、10月15日にこのショーをうまくやり遂げて終わりました。 際立ったパフォーマンスと熟練した応用力に伴い、サングロー社のスタンドE44は、PVインバータ業界の長い行列をなすビジターを魅了するだけでなくインタラクティブなコミュニケーションを実現しました。
3日間のイベント期間中、サングロー社は、顧客に対し、99%の効率的なストリングインバータおよび2/2.5MWコンテイナーソリューションを提示し、屋上と実用規模の両プロジェクトを提供しました。サングロー社の必要に応じたインバータSG60KTLおよびSG60KTL-Mは、英国において多様のソーラーファームに設置され、その一部は、すでにグリッドに接続されています。SG60KTLのピーク効率は、業界の最高潮である99%まで達することが可能であり、英国および欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域における重要なアカウントにより広く話されています。この展示用のコンテイナーインバータSG2000/2500は、コンパクトデザインのターンキーソリューションを与えることが可能であり、輸送およびメンテナンスがより便利になりました。
現地販売およびサービスチームの支援は、英国およびEMEAの市場拡大を促進しました。サングロー社は、英国およびEMEA地域の重要なアカウントと長期的な関係を構築し、多様な戦略的プランニングの協議および討論会を開催しました。
サングローパワーUKリミテッドは、親会社であるサングローパワーサプライ会社の完全所有子会社であり、ロンドン近郊のミルトン・キーンズを拠点としています。このチームは、熟練の販売マネージャーおよびプロフェッショナルサービスエンジニアにより構成され、現地支援および迅速な対応を高めています。サングロー社の海外販売は、近年、多大な進歩を遂げています。300MW以上が、すでに2015年第2四半期までにおよび14GWが世界中に展開されていることから、販売統計は、その市場拡大の確実な証明としてみなされます。