太陽光発電用パワーコンディショナは太陽光発電所の主要構成機器の一つです。その中でもMPPT機能がソーラーアレイの最高出力電力を追跡し、最低のエネルーギ消費で最大の電力品質で送電網と系統連系を行います。
太陽光発電用パワーコンディショナはソーラーアレイと送電網の間に設置され、直流電力を交流電力に変換します。太陽光発電所の長期的に信頼性の高い運用、及び予想投資回収率を確保するために、どのような太陽光発電用パワーコンディショナを選ぶのかは極めて重要でです。そのため、現地の環境と条件に応じて、効率的に設計する必要があります。
我社はそれぞれ設置環境と設計条件に従って、“より安全に、、より快適に、より知能的に、より効力的に”をモットーに知的太陽光発電所理念を提唱します。
太陽光発電所は一般的に以下の通二つのタイプに分けられる:
  • 案件場所:2015年 日本三重県伊勢市
    発電所容量:782KW インバーター:SG34KJ
  •